2019.02.16 Saturday

2週間

まろんさんが旅立って2週間たちました。

まだ皆さまにいただいたお花に囲まれています!

 

バレンタインは超久しぶりにガトーショコラを焼いて、まろんさんの似顔絵をのっけてみました。

旦那さんが似ていて食べられない、というので、半分以上私が食べました。

 

乱れていた自律神経もだんだん良くなってきているように感じます。

インスタで同じように愛犬を失くした方々からコメントをいただき、みんな苦しんでいることを知りました。

私は仕事も生活もまろんを優先にした自負があるので後悔は全くないのですが、最後の日のまろんの苦しむ姿は忘れられません。人間は病気になったらたいていの人は入院するので、家族も病院に任せられる時間がありますが、犬の看護は24時間。四六時中苦しむ姿を見る覚悟も、犬を飼う時には必要なのだと感じました。

 

それでも犬は愛すべき存在で、また出会いがあれば、と思っています。

 

◆◆◆

 

昨日は、のだめでお世話になった&今年お世話になる指揮者でN響オーボエ奏者・茂木大輔さんの定年退職ラストラン公演を聴きに行きました。曲はこちら↓

ガブリリュクとはポーランドで縁がありました。パレチニ先生がガブリリュクに「アンコールはミクが弾いてる〇〇を弾いて」とリクエストしてくれました。感動の想い出です。それにパレチニ先生は、ガブリリュクのレパートリーをそっくりそのまま私に学ばせようとしました(苦笑)彼の恩師・マカロフにも、ワルシャワ音楽院とピティナマスタークラスで教わり、縁がありました。

 

それ以来で演奏を聴くので、かれこれ16年ぶりくらいでしょうか。すっかりパーヴォヤルヴィと同じ風貌になっていましたが(笑)演奏は若くキレキレでした。テンポはラフマニノフと同じくらい速かったですが、低音の鳴らし方やキレ方は学ぶものが多かったです。

 

プロコ6番は面白い曲で、聴きごたえがありました。

茂木さんのオーボエもよく響いていました。今まで1楽器の音色に注目して聴くこともあまりなかったですし、長きオーボエ人生のラストラン公演というものには感慨深いものがありました。今後の指揮者としての人生を応援したいと思います。

 

◆◆◆

 

CD編集作業がいよいよ始まりました!

↑一番苦労した箇所(笑)

 

ミスや演奏チェック、どのテイクを取るかはレコーディング時に済んでいますが、やはり聞き漏らしもあるものです。それをチェックしていくのがこの編集作業。

 

1枚目の時は、とにかく自分の実力との対峙に苦しんだ時間でした。初めてのCD&長く弾いてきた曲なだけに、理想も高かったと言えます。

 

今回は、そういった想いはあまりなく、苦しく感じるのは、まろんのことを思い出すから。余命をつげられた数日後にこのレコーディングでしたし、2日目は睡眠時間3時間くらいでした。私がそう思っているだけかもしれませんが「もがき」や「あきらめ」や色々な感情が見えてきて、1枚目とは全然違うものになっているように思います。

 

初夏に発売予定。どうぞお楽しみに!

2019.02.12 Tuesday

京都(2019冬)2日目

丹波ステップ・第7部終了後は、京都へ向かいました。

 

本来はステップ最後まで聴いて福知山宿泊の予定でしたが、最終スケジュール決定時には、まだまろんが生きていました。ステップ日の帰京は不可能だったので、せめて11日の朝一の新幹線で帰京できるように、京都宿泊でのスケジュール調整をしていただいたのです。

結果、まろんさんは天国へ行ってしまったのですが(まだ10日しかたっていないのですね…)、11日は京都を観光したり、元生徒さんに会うことにしました。

 

ただ思いもかけずステップ前も観光できてしまったので、どこに行こうか考えるも、考えがまとまらなかったので、まずはゆったり9時にホテルを出発して、朝食のためにイノダコーヒー本店へ行きました。

 

雨雪も降っている寒い朝というのに、イノダコーヒー本店前は、外まで行列が!!!

普段なら並びませんが、ステップや審査翌日というのは頭も体もぼーっとしているので、ちょうどいいや、と思って立っていました。

 

結構並んだのに景色の良いテーブルは空きませんでしたが、朝食をいただきながら、観光プランを練りました。

 

まず京都文化博物館の別館・旧日本銀行京都支店へ。

残念ながら催事準備中とのことで入れず。コンサートなのでしょう。こんなところで弾けて羨ましいです。

盛岡で岩手銀行赤レンガ館を見て以来、日本の古き洋館建築に興味を持っています。

 

三条通は、古い建築やお店が並んでいて、なかなか素敵なエリアでした。

(以下、結構な雨だったため、荷物・傘で手が自由でなく写真が乱暴ですみません)

 

人形たちのオシャレなショーウィンドウ↓

 

寺町通りを北上。

アンティーク店界隈にある一保堂茶寮京都本店でほうじ茶を購入。ここのお茶が好きです。

 

この付近から、銀閣寺へ向かいました。

 

雨だったからか、人はまばらでした。

 

この後、元生徒の原野尚起くんと合流して、ランチをしました。

*京都・滋賀で頑張っています。丁寧にピアノを教わりたい方はぜひ!→https://soubi-artspace.jimdo.com/%E3%83%AC%E3%83%83%E3%82%B9%E3%83%B3%E3%81%84%E3%82%8D%E3%81%84%E3%82%8D/%E3%83%94%E3%82%A2%E3%83%8E/

 

隠れ家的な梨門邸を紹介してくれました。

 

その後、雑誌などにも載っている茂庵にも連れていってもらいました。かなりの山登りでしたが(笑)秋は素敵なんじゃないかな、と思わせる風情のある自然や街並みも見れました。お店からの景色↓

指導あるある話で盛り上がり、あっという間の時間でした。今現在、沖縄・京都・東京、ドイツにいる元生徒たち。帰国してまもなく10年。そんな生徒たちとの交流が楽しく感じられる立場になりました(笑)

 

今回ゲットした御朱印↓

左から、銀閣寺、北野天満宮、平野神社、金閣寺。

 

今回ゲットした美味しいものたち↓

左上:三条通でFranz&Evansのパン。東京の表参道と京都にしか出店していないそう→http://franzeevans.jp/#/

右上:伊勢丹地下でHuffkinsのスコーン。日本初出店だそう。エコバックもかわいかったです→https://www.huffkins.com/

下:駅ナカでさっとお土産。茶の菓は外せないです。バレンタイン限定の八つ橋は初めて食べるので楽しみです。

2019.02.12 Tuesday

京都(2019冬)1日目

9日(土)の関東雪予報で、心配性な私は朝10時に京都に到着してしまい、何もすることがないので、急遽、京都を観光することにしました。

 

まずは気分をあげたいので金閣寺へ。

 

なぜか金閣寺入口の警備員に「添乗員さん?」と声をかけられました。

一人だったから?紫のコートだから?全くの謎。

そして金閣寺は、暗い‥(笑)

 

京都でのみ使う御朱印帳が欲しいと思っていたので、金閣寺のキラキラ&さわやかバージョンをGET。

 

昼ご飯は路地に入ったところにあった黒豆珈琲のbean's goodyで。

完全ベジタリアン仕様の土日限定カレーをいただきました。

 

平野神社へ。

桜の名所らしいですが、昨年の地震で拝殿が倒壊してしまっていました↓

http://www.hiranojinja.com/revive

 

一刻も早い復興を祈ります。

 

隣の北野天満宮も行きました。

北野天満宮は梅で有名で、今年の梅苑が公開されたばかりです。私が行った時は3分咲きくらいだったでしょうか。(なので梅苑には入りませんでした)

 

 

天満宮西に続く昔の花街、上七軒へ。

大きな看板は出ていませんが、お料理屋、雑貨店が並びます。

 

ひっそりと佇むお店「あだち」で、名刺入れと迷いながらも、お小遣い用の単札入れをGETしました。

金の刺繍はト音記号を表し、実は音符なんです。そしてはずせない紫!

このお店は東京の百貨店催事によく来るんだそうですよ。

 

その後、「フランソワ喫茶室」で念願のチーズケーキを。以前食べに来て、その美味しさが忘れられないのです。

安定のおいしさ!

 

その後、京都駅に戻り福知山へ向かったのでした!

計画にない旅は、あまりしたことがないのですが、今やグーグルマップ&GPS(=スマホ)とICカードさえあれば、どこにでも行けると思いました。

2019.02.12 Tuesday

2/10 ピティナステップ丹波地区トークコンサート&アドバイザー・終了報告

2月10日(日)は、ライフピアいちじまで丹波地区ステップのトークコンサートとアドバイザーを務めさせていただきました。

 

トークコンサートは10分×2回でした。10分というのは初めてです!

 

.ララ・シューマン生誕200年!

クララ・シューマン:ポロネーズop.1 より第1曲・第2曲、スケルツォ第2番op.14

 

▲薀侫泪縫離嫐昇鄙

ラフマニノフ:前奏曲「鐘」、楽興の時よりop.16-4、東洋のスケッチ

 

,録袈覆世辰燭里妊疋ドキでしたが、即興的な感覚や挑戦も入れてみながら楽しく弾かせていただきました。

△蓮1時間20人×2部の直後だったので、自分のぼーっとする脳みそと、鉛筆で手が固まってしまったのをどう動かすのか、との闘いでした。

 

ホールは響きのよいフルコンスタインウェイで、これから始まるコンサートラッシュ前の良い経験となりました。

お聞きいただいた皆様、ありがとうございました。

 

◆◆◆

 

アドバイザーとしては第8部まであり(私は第7部まで)、朝から熱演が続きました。

参加者のほとんどが小学生・就学前の子たちでした。バイエルやツェルニ―をきっちりしっかり弾くことを徹底しているように感じ(実際に本当にしっかり弾いていました)、こういう地区も珍しいなぁと思いながら聴きました。これからも長くピアノに親しんでほしいです。

 

演奏してくださった皆様、ご一緒させていただいたアドバイザーの先生方、スタッフの先生方、どうもありがとうございました。

 

◆◆◆

 

宿泊先の福知山に向かう9日(土)は、東京は雪予報でした。積雪予報がだんだん深刻になってきたので、昼出発予定でしたが朝一に変更。そして10時には京都駅に到着。

 

駅でピアノスタジオの電話予約を試みたのですが、どこもいっぱい。その時に丹波ステップ主催の光陽堂楽器さんからご連絡をいただいたので、思い切ってピアノのことを聞いたら、ありがたくも練習場所を提供していただけることになりました。

普段なら1日くらい弾かなくても、と思えるのですが、まろんのことがあり、自信が持てるほど練習できていませんでした。

 

夜福知山に到着して、1時間ほどホールで練習させていただきました。

 

保有しているアンティークピアノやオルガンも見せていただきました!燭台付き、西陣織をアップライトの前面に埋め込んんだ芸術系アンティークピアノの数々!とても珍しい4本弦のピアノやスタインウェイの前身となるグロトリアンロゴのスタインウェイ‥‥まるで博物館にいるかのよう!心ときめく体験でした。

 

 

しかもお値段がお安い…あと数年早ければ、私も夢のアンティークスタインウェイ保持者になれたのに…(2台目も買ったばかり、1台目もオーバーホールしたばかりなので、さすがに今は‥と思いますが、それでもこの写真のグロトリアンは美しすぎて欲しい。。。)

 

気になる方はぜひ光陽堂楽器さんのHPをご覧ください!

http://www.koyodogakki.co.jp/index.htm

 

温かくおもてなしいただいた光陽堂楽器の皆様、本当にありがとうございました!

大嶺未来 Miku Omine

profilephoto
大嶺未来
沖縄県出身。東京藝術大学附属音楽高校卒業後、ワルシャワ・ショパン音楽院首席卒、ベルリン芸術大学ディプロマ課程卒、国家演奏家資格課程卒。
ルービンシュタイン記念若い音楽家のための国際コンクール(ポーランド)、サンセバスチャン国際コンクール(スペイン)で優勝。プラハの春(チェコ)、ヴィオッティ(イタリア)などの著名な国際コンクールで上位入賞後、2005年ショパン国際コンクールセミファイナリスト。2009年スタインウェイ・ベルリン賞(ドイツ)受賞。
2013〜2016年ラフマニノフピアノソロ曲全曲奏破。2016年発売のファーストCD「ラフマニノフ:ソナタ第2番/練習曲集「音の絵」作品39」はレコード芸術特選盤。現在、尚美学園大学非常勤講師。

Coming Concert 2019

★倉吉春季地区トークコンサート【鳥取県・倉吉未来中心小ホール】

★3月28日(木)クララ・シューマン全曲コンサートシリーズ第1夜【東京都・ヤマハ銀座コンサートサロン】

<チケット>一般3500円/会員3000円/学生2500円
<要予約>03-3572-3132

★4月6日(土)ラフマニノフ・ピアノ作品全曲解説シリーズvol.2【東京都・朝日カルチャー新宿】

CD発売中

ラフマニノフ ピアノソナタ第2番/練習曲集「音の絵」作品39

★レコード芸術・特選盤に選ばれました!
★読売新聞サウンズBOX・推薦盤に選ばれました!
★音楽現代 準推薦盤に選ばれました!

全国有名CDショップ、アマゾン・タワーレコードオンライン・HMV等にて好評販売中!

calendar

<< February 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  

entry

category

archive

link

other