2018.12.06 Thursday

12/4 トレモロ会リサイタル・終了報告

12月4日(火)は、カワイ表参道コンサートサロンパウゼで、第173回トレモロ会のリサイタルをさせていただきました。

終演後に、トレモロ会の皆さまと恩師・庭野先生、下田先生と。

 

プログラムは、チャイコフスキー:ロマンス ヘ短調 op.5 、ラフマニノフ:練習曲集「音の絵」op.33。休憩後に、チャイコフスキー:ノクターン ヘ長調 op.10-1, ラフマニノフ:ソナタ第1番op.28 というものでした。アンコールは、ラフマニノフ歌曲を自身で編曲した「ひなぎく(デイジー)」です。

 

チャイコフスキーの小品2曲は、ラフマニノフのレパートリーから選びました。単純に「美しい」と思えたこの2曲を調性で結びつけました。(ヘ短調のロマンスと、ヘ短調で始まる「音の絵」、同主調のヘ長調ノクターンで後半をスタートさせ、平行調のソナタニ短調と続けました。ちなみに、アンコールもヘ長調でした)

 

ラフマニノフの2作品は、どちらもリサイタルのメインプログラムになるものでしたが、本当に山を登るような大変さで、本番ではファウストに出てくるブロッケン山(私も実際登ったことがあります。足ではなくSLで(笑))を思い出しながら弾いていました。

 

実は数日前に左腕に力が入らなくなり、右手は親指が中に入らなくなるという不具合を起こして、リサイタル前はほとんど練習できなかったのです。市販の内服薬や湿布、ピップエレキバンを貼りまくって、肉を塊で毎日食べ(本当の話)、何とか本番1日前に動かしても良い、と思える状態になりました。

 

そういう状態になったのには理由がやはりあって、やはり弾きすぎたのだと思います。まろんの介護もあり、まろんが寝ている間にできる限り練習しなくては!と思い、いつもの練習ペースとは大幅に違っていました。疲れた〜と思っても練習を続けてしまったり。。今後も介護との付き合いは続くので、上手にペースを作っていくように心がけようと思います。

 

そういう状態だったので、本番はかなり開き直って弾けたと思います。今日の私はこのレベルでしか弾けません!と思って挑みました(笑)

数日弾けずに本番、というのは幸いにも過去の国際コンクール経験から、あまり不安に感じることはありません。リサイタル全体を通しても、どこか冷静に自分を見て弾くことができましたが、ただ大事故なく無事に終われた時には、本当にほっとしました。

 

聴衆の皆さまも、長時間の大曲を聴き続けるのは大変だったことと思います。お聴きいただき、本当にありがとうございました。

また主催のトレモロ会様にも、心より御礼を申し上げます。

 

来年は、結構大変なコンサートラッシュになっております。。

今お知らせできるのは、3月28日クララ・シューマン全曲演奏会第1夜(ヤマハ銀座コンサートサロン)と、4月6日朝日カルチャーセンター新宿のラフマニノフ講座のみですが、来夏までにあと2,3つ大きな舞台で演奏させていただく予定でいます。

 

また皆様にお聴きいただけますように。どうぞよろしくお願い致します。

 

◆◆◆

 

今回もたくさんの素敵な花束をいただきました。レッスン室はお花屋さんのようになっています。ありがとうございました!

お菓子のプレゼントもありがとうございます。こちらは3日間のレコーディングに持参して、エネルギーに変えたいと思います!

 

まろんさんにもプレゼントをいただきました!

幸せなワンコです♪

  • -
  • -
  • -
2018.11.28 Wednesday

ホールリハーサル

リサイタルに向けて、ホール練習、リハーサルが続きました。

 

まず、コピスみよしで。大ホール、スタインウェイフルコンで、リサイタルを想定してのリハーサルをしました。また、レコーディングと同じ規模のホールなので、残響を利用しての音の切り方など、聞こえ方の調整もしました。

私のミスで、ソナタ1番の通しが録音されておらず…再度ソナタのみ通しました。終わったら肩甲骨や二の腕が、筋肉痛のようなだるさを感じました。腕が重くなると、音が沈んだり跳躍ミスが増えるので、その後2日間は軽い調整にしました。

 

12月4日(火)リサイタル会場である「カワイ表参道コンサートサロンパウゼ」で、本番さながらのリハーサルもさせていただきました!

東京での初めてのリサイタル(留学直前の2001年)、帰国間近の2009年に弾かせていただいた以来です。2年前に入ったばかりのシゲルカワイのフルコンで、豊かな響きを感じられました。

 

まだイルミネーションは始まっていませんが、私のリサイタルの頃はキラキラ輝いている表参道がホールから眺められます。

ぜひクリスマスの表参道も楽しみに、お越しくださいませ!

 

ちなみに私も表参道ヒルズに、写真を撮るためだけに入ってみました(笑)

 

◆◆◆

 

以前、ピティナステップのQ&Aコーナーで「本番前にやっていることなどありますか?」という質問があったのですが、私の場合はコレだ!と思いました↓

ミルカのストロベリーチョコレート!(←ストロベリー以外はダメ)

 

ポーランドに留学して以来、ヨーロッパにいる9年間、本番前の栄養剤でした。試験、コンサート、コンクール、もちろん人生最大のイベントだったショパコンでも。1日1枚は当たり前〜。

今でも本番前になると無性に食べたくなり、見つけた時に多めに買うようにしています。さすがに今は1日3キレくらいでやめますが、これを食べると落ち着きます(笑)

 

◆◆◆

 

母が上京しました。まろんさんヘルプで1カ月滞在してくれます!

 

母がまろんのおやつに持ってきた沖縄のお菓子、タンナファクルー。

沖縄育ちの私でも、どう発音するのかわかりませんが(笑)黒糖のしっとりビスケットのような味です。

 

母が来てなぜか元気なまろんさん。夜中のお目覚めも少なくなってきたのもつかの間、また2,3回起こすようになりました。。。

母は、心臓の腫瘍があるとか知らなければ、ただの元気なおばあちゃん犬、と言っていて、それくらい元気モリモリです。

2018.11.21 Wednesday

リサイタルまでのカウントダウン

12月4日(火)トレモロ会主催・カワイ表参道のリサイタルまで、2週間を切りました。

2週間前になると、かなり身が引き締まります。私はだいたい2週間前にいったんペースダウンして曲を分解する、小さめの音量で細部を丁寧に聞く練習をします。

2週間前だからこそ、焦る気持ちを抑えての確認作業。1日1日を大切に過ごしたいです。

 

とはいっても、本当に大変なラフマニノフのソナタ第1番!!!

恐らく、ピアノ曲の中で最も大変な曲ではないでしょうか。。。

1回通すだけで体がヘロヘロ、練習したら手がマリオネットのようになります。手を広げ過ぎて鉛筆を持つのも苦痛なほど。youtubeのライブ録音を聞いても、大男たちですらヘロヘロになっている気がします。

 

時々ふと我に返って、「なんでこんなに大変な曲をわざわざ選ぶのだろう」と思います。でも、最近の某国際コンクールでセミファイナルにも女性が残らない結果を見て、日本の可愛い音大生たちの姿を見て、「女性でも男性並みのパワーとレパートリーを備えないと残れない。まずは同じ土俵にたつこと」と自分が学生時代に言われてきたことを、我が身を持って伝えなければいけない、とも思いました。(もちろんそれを打ち勝たせるほどの何かがある人はいいのですが)

 

よくコンクールなどにおいて「男の子の方が有利だから」という声を聞きますが、もちろん体格の違いなどあれど、そこに甘んじるのではない闘う女子を育てたいです(笑)

 

私も生活に色々あれど、言い訳にせずに頑張ります。

 

◆◆◆

 

この季節に練習が重なると、これが必要になります↓

ポーランドでもこれを塗って朝練してたら、「ミクがすごいものを持っている!」と噂になり、何人かが「塗らせて!」と来たのを思い出します。

 

ラフマニノフのソナタ第1番に関連して、尚美の図書館で借りてみました↓

色々な文学が漫画になっているんですね!普段、漫画は一切読まないのですが、まだ文学に目覚めていない小学生なんかで、話は知っておかなければいけない、という場合、こういうのもアリかな、と思いました。

 

チョコレートバプカ(Babka)というネーミングにつられて、買ってみました↓

Babkaはポーランド語でおばあちゃんですが、ケーキ名でもあります。

このパンはシナモンとチョコレートでしたが、美味しかったです!

 

旦那さんが沖縄の出張土産を買ってきました。私よりも沖縄に行っていますねぇ。

また沖縄からレッスンに来た方が、豊見城のマンゴープリンをお土産にくださいました↓

今週末から、母が1ヵ月ヘルプで来てくれます!沖縄そばやスパムを運んできてくれるそうで、しばらく食卓は沖縄フェスタです!

1カ月ぶりのデビルまろんに、母はてこずるかもしれませんが、私はその分楽になります…

2018.11.12 Monday

11/11 ピティナステップ新潟秋季地区・アドバイザー&トークコンサート終了報告

11月11日(日)は、新潟青陵大学ホールで、新潟秋季地区ステップのアドバイザー&トークコンサートを務めさせていただきました。

 

青陵大学ホールは新しく、校舎もとても素敵でした。ピアノはシゲルカワイSK-7!12月のリサイタルもシゲルカワイなので、感覚を試す良い機会にもなりました。ショパンコンクールで選んだピアノもシゲルカワイで、やっぱり歌えるピアノだな、と再認識しました。

 

初出しのチャイコフスキー:ノクターンと、いつ弾いても怖いラフマニノフのエチュード。今回は、久々のお昼休憩前のトークコンサートでした。反省点はありますが、毎日意識的に練習していることを確かめながら、試しながら弾けたことは、良い経験になりました。12月のリサイタルまでも、一段一段登っていきたいです。

 

アドバイザーとしては、9時台〜18時まで、熱演を聴かせていただきました。コンクール前、受験前ということで、充実した演奏が続きましたし、新潟のレベルの高さを感じました。ドレスコードもきちんとしていて、そこも印象的でした。

 

演奏してくださった皆様、聴いて下さった皆様、アドバイザーの先生方、スタッフの先生方、どうもありがとうございました!

 

今後の私が携わるステップ情報です!

 

12月28日(金)上野12月ステップ→締め切り済み 

アドバイスレッスンをします!

 

2月10日(日)丹波ステップ(兵庫)

トークコンサート

 

3月10日(日)倉吉春季ステップ(鳥取)

トークコンサート(高木早苗先生と連弾)

 

◆◆◆

 

今回初めての新潟でした!お話をいただいた時はワクワクしていたのですが、まろんさんのこともあり、残念ながら弾丸旅になりました。せめて景色を、と思い、新幹線2階席を予約したのですが、埼玉に入ったあたりで真っ暗になりました。最近は日中は外に出ていないので、いつ日が暮れるかなんて考えていませんでした。

 

新潟についたら、街を歩いてみよう!と思い、バンダイシティまで歩いてみました(駅から徒歩15分)ちらっとおしゃれなお店を覗きつつ、閉店時間近くなったので退散。東京だと閉店間際まで人がたくさんいますが、新潟は土曜日というのに、ちらほらしかいませんでした。街も、街灯が暗く、全体的に静かな印象でした。

 

夜ご飯は、ホテル近くの新潟のワイナリーが運営するレストラン、レコルタカーブドッチで。

新潟ワインをいただきながら、鴨肉!を食べました。まろんが倒れてから、外食はおろか、ゆったりとした食事も久しぶりでした。

 

ホテルは、自己手配でジュラクステイ新潟。

朝食で、新潟の食を提供している、ということで選びました。

ビジネスホテルとしてはチョイスの多い、充実の朝ごはんでした!お部屋も広く、くつろげました。

 

次の日、ステップの朝はバスで会場まで移動(15分)。新潟の街の景色を楽しみました。紅葉が進んでいましたし、気温よりも寒さを感じました。会場の青陵大学は海の近くなので、日本海も見たかったのですが、残念です。。

 

ステップ終わりは、すぐに帰京しました。

駅で、お土産や新潟ビールを買い込み、疲労でひいひい言いながら‥(それなのに、埼京線が遅延という不運に見舞われました)

 

短い滞在でしたが、精一杯楽しめた気がします。またの機会があればいいな、と思います!

大嶺未来 Miku Omine

profilephoto
大嶺未来
沖縄県出身。東京藝術大学附属音楽高校卒業後、ワルシャワ・ショパン音楽院首席卒、ベルリン芸術大学ディプロマ課程卒、国家演奏家資格課程卒。
ルービンシュタイン記念若い音楽家のための国際コンクール(ポーランド)、サンセバスチャン国際コンクール(スペイン)で優勝。プラハの春(チェコ)、ヴィオッティ(イタリア)などの著名な国際コンクールで上位入賞後、2005年ショパン国際コンクールセミファイナリスト。2009年スタインウェイ・ベルリン賞(ドイツ)受賞。
2013〜2016年ラフマニノフピアノソロ曲全曲奏破。2016年発売のファーストCD「ラフマニノフ:ソナタ第2番/練習曲集「音の絵」作品39」はレコード芸術特選盤。現在、尚美学園大学非常勤講師。

Coming Concert 2018/2019

★12月4日(火)トレモロ会リサイタル【東京都・カワイ表参道】

<チケット>全席2500円
<要予約>03-3750-5751



★2月10日(日)PTNAステップ丹波地区トークコンサート【兵庫県・ライフピアいちじま大ホール】

★3月10日(日)PTNAステップ倉吉春季地区トークコンサート【鳥取県・倉吉未来中心小ホール】

★3月28日(木)クララ・シューマン全曲コンサートシリーズ第1夜【東京都・ヤマハ銀座コンサートサロン】

<チケット>一般3500円/会員3000円/学生2500円
<要予約>03-3572-3132

★4月6日(土)ラフマニノフ・ピアノ作品全曲解説シリーズvol.2【東京都・朝日カルチャー新宿】

CD発売中

ラフマニノフ ピアノソナタ第2番/練習曲集「音の絵」作品39

★レコード芸術・特選盤に選ばれました!
★読売新聞サウンズBOX・推薦盤に選ばれました!
★音楽現代 準推薦盤に選ばれました!

全国有名CDショップ、アマゾン・タワーレコードオンライン・HMV等にて好評販売中!

calendar

<< December 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

entry

category

archive

link

other