2018.02.17 Saturday

趣味

2月16日(金)は、読売交響楽団定期演奏会を聴きに、サントリーホールに行きましたonpu03

 

 

ルガンスキ―目当てで行ったのですが、とても素晴らしいコンサートでした!

読響には、芸高の先輩(コンマス)後輩(チェロソロ)がいる他、ベルリンで同時期に勉強していた人も数人います。若い力を感じる熱があり、今まで聴いた日本のオケで一番感動しました。また、テミルカーノフの音楽がやけに自分と共鳴する、と思ったら、プログラムのインタビューに「ラフマニノフのすべての作品が好き」と語っていました手

 

ルガンスキーさまの圧倒的な音と、知的でスキのない解釈の音楽も健在でしたきラフマニノフ好きなテミルカーノフが、今回の定期にルガンスキ―を連れてきたそうで、それはとてもわかる気がします。ロマンティックさは薄めですが、全くスキがない読譜力と高度な技術とバネ。ピアノも後半になってきたら、ルガンスキーの手圧に負けてしまいました。

 

最初のチャイコからローマの松まで、カラフルな世界観でまるでおとぎ話のようでした。ずっと集中して聴き入った久々のコンサートでした!!

 

花花花

 

ハーブ教室も終了しました。

 

ハーバルバスとコーディアルの実習

 

シューキーパーとラベンダースティックの実習(ラベンダーは実習では散々なできだったので、帰宅後に作り直しました)

 

今回の講座は「生活の木」でやっているハーブ&ライフ講座でした。ハーブをいかに生活に取り入れるか、というもの。料理、ティー、グッズ、ハーブの育て方など、身近に役立つ情報を色々学べました。

 

一番はまっているのが、ハーブティー。

 

 

 

 

その日の気分や体調に合わせて、ブレンドしています。ほっとする&楽しい時間です。

 

また、講座の場所は表参道だったので、おしゃれなランチや買い物も楽しめました。

 

通りがかりのイタリアンでゴルゴンゾーラのパスタ

 

美しい先生に教わったMr.Farmer

 

 

ドミニクアンセルのクロワッサン

 

 

また別のハーブ講座にも通うことにしました!1つ生活に楽しみができて良かったです。

 

 

まろんさん、お留守番時に、このようなことをしていました。

 

 

この顔!!!!!

 

おトイレは昼・夜は完全家派になりました。時々失敗もして、片付けが大変ですがDocomo_kao8

2018.02.13 Tuesday

盛岡散策◆2018冬)

休憩後は、レトロな建物を通りつつ、岩手銀行赤レンガ館へ向かいました。

 

 

 

 

国指定重要文化財です。中へ入ると、ギリギリ入館可能ということで、内部見学しました。

 

 

 

こういう建物に入ると、ほっとします。素敵な空間でした!

 

その後は、ホテルへ向かいました。

 

途中、お祭り会場に出くわしたり、盛岡城址公園ふもとの桜山神社で健康祈願したり、なつかしい感じのアーケード繁華街を通って、ようやく盛岡駅にたどり着きました。

 

 

 

かれこれ4時間の徒歩旅でしたDocomo_kao8

 

これ以上疲れては、明日のお仕事に響くので、フェザン地下でお弁当を買って、お部屋でいただきました。

 

 

ちなみに「チロル」のチーズケーキ、とても美味しかったです!帰りも駅で買おうか迷ったのですが、糖質制限をいい加減に再開しなくてはいけないので、やめました。もしまた来れたら、食べよう。

 

 

ホテルは駅直結のメトロポリタン盛岡。

レディースルームには憧れのスチーマーがあって、活用させていただきました!

 

 

雪雪雪

 

ステップ後の夜ご飯も、ランチで食べた磯よしになりました。

 

蒸しウニ丼。初めて食べました!

 

雪雪雪

 

帰宅日の朝、カーテンを開けると一面雪景色!最高気温が−2℃の日でした。

 

ただこの日は9時前の新幹線で帰宅だったので、雪景色を楽しんだのは新幹線の車窓から。

 

 

仙台に近づくにつれて大雪になり、新幹線除雪のために数分遅れにはなりました。

ちなみに、盛岡駅入口のエスカレーターステップで滑り転びました(笑)

 

お土産は駅で、福田パン(盛岡のソウルフードらしい)

 

 

ピョンピョン舎の冷麺。生わかめも盛岡で買いました。

 

 

 

久々の冬旅、束の間でしたが、とても楽しかったです!また冬の北国に行けたら良いな、と思います。

2018.02.12 Monday

盛岡散策 2018冬)

盛岡には前日の昼過ぎに入りました。

この日は全国的に暖かかったことから、車窓から雪が見え始めたのは岩手に入ってから。雪景色にはテンションが上がりましたonpu03

 

ホテルに荷物を預けた後、昼ご飯はフェザンの磯よしで、かきフライランチをいただきました。

 

海藻いっぱいの味噌汁、大きくてジューシーなカキフライ。これで1100円!

 

ランチ後は、散歩開始。

 

まず、光原社へ。大正時代に宮沢賢治の童話集を出版した会社で、レトロな外観が素敵な場所でした。

 

 

 

こちらの可否館でコーヒーを、と思っていたのですが、お客さんで溢れていたので諦めました。

 

光原社の通りには、宮沢賢治さんもいました。私も小学生の時によく読みましたし、ベタですが、「雨ニモマケズ」には励まされていました。

 

 

次は、石川啄木新婚の家へ。

 

大通りから小道に入ると、ぽつんと建っています。

 

 

 

おそるおそる扉を開けると、誰もいませんでした。。。ので、貼り紙どおりご自由に見ることにしました。

 

 

 

とても小さな家に、大家族で住んでいたみたいです。

 

啄木の部屋の机に座ってみました。そこから見える雪景色とひんやり外から入ってくる冷気が、昔の人の生活を感じさせてくれました。

 

 

ここまで、思ったより時間がかからなかったので、報恩寺に行ってみることにしました。

五百羅漢が気になっていたので、「今度いつ来るかわからない、後悔しないためにも…」

 

と歩きだしたのですが、次第に後悔しました。街中は除雪されていますが、寺町通りは雪が多く残り、ゆっくりしか歩けず、時間ばかり過ぎていきます。しかも入口をまちがえて歩きすぎてしまい、たまたま歩いていたおじさんに道を教えてもらいましたあせ

 

でも、報恩寺の門に来たら、感動しましたき

 

静けさの中にどーんと佇む素敵なお寺でした。

 

 

 

五百羅漢の羅漢堂も観光客はおらず、貸切状態で空間を堪能できました。

 

 

 

 

 

堂内をたくさんの像が埋め尽くします。1体1体違う表情で、洋服も体つきも違います。これだけの像に囲まれていると、全て見透かされているようで、怖いようなすっきりするような…不思議な空間に圧倒されました。

 

 

報恩寺を出ると「鬼の手形」という標識があったので、気になって行ってみることにしました。

 

 

この岩に鎖で鬼をくくって、もう現れないことの約束に、写真中央の緑の鉄板に手形を残させたそうです。

この三ツ石神社は除雪されていなかったので、足首までブーツが埋まるほどでした。

 

 

疲れがピークだったので、通りすがりの小さな喫茶店に入ったら、可愛いお店で、女性客で溢れていました。

 

きっさ音

 

 

冬季限定のホットリンゴジュース。体が温まりました。

 

女のコたちが方言まじりに、「うちのおじいちゃん・おばあちゃん」の話をしているのが聴こえて、心の中で笑ってしまいました。

おじいちゃんの家に入ると映画館状態(耳が遠いのでテレビのボリュームが60だそう)、パートナーのいびきは女が我慢すべき(byばあちゃん)、などなど、なかなか面白いお話に癒されましたheart

2018.02.12 Monday

2/11ピティナピアノステップ盛岡地区・アドバイザー&トークコンサート終了報告

2月11日(日)は盛岡市民文化ホール小ホールで、ピティナステップ盛岡地区が開催されました。

 

 

ステージ奥にはパイプオルガン、木目調の壁、シャンデリアも上品で、とても素敵なホールでした!内装の美しさは、今まで私が見た日本のホールの中ではトップクラスかもしれませんき

 

今回のトークコンサートは初めての30分!しかも午後の1グループ終わり直後なので、集中して演奏できるのか心配で緊張しました。当日はサクサク進行が進み、15分くらい休憩できたので良かったです。

 

プログラムは、ショパンとラフマニノフ。いつものトークコンサートより落ち着いて事故なく弾けました。

今回乗り切れたことが自信になると良いな、と思います。

 

そして、この日は私のCD販売が行われる予定でしたが、私がCDを忘れてしまいましたゆう★ 10月頃の連絡だったので、すっかり抜けてしまいました。。。

 

もし興味お持ちの方がいらっしゃいましたら、タワーレコードに在庫がありますので、下記から宜しくお願い致します。

 

http://tower.jp/artist/2533752

 

雪雪雪

 

アドバイザーとしては、朝から19時まで熱演を聴かせていただきました。

とにかく皆さん、のびのび演奏していて、怖さや恐れを感じさせない演奏にびっくりしました!

また、連弾をたくさん聴けました。双子、兄弟、親と子、先生方…楽しく聴かせていただきました。

 

参加してくださった皆様、アドバイザーの先生方、スタッフの先生方、ありがとうございました!

 

 

次のステップアドバイザー&トークコンサートは、6月に関東圏(府中、流山)で務めさせていただきます。

宜しくお願い致します。

 

 

大嶺未来 Miku Omine

profilephoto
大嶺未来
沖縄県出身。東京藝術大学附属音楽高校卒業後、ワルシャワ・ショパン音楽院首席卒、ベルリン芸術大学ディプロマ課程卒、国家演奏家資格課程卒。
ルービンシュタイン記念若い音楽家のための国際コンクール(ポーランド)、サンセバスチャン国際コンクール(スペイン)で優勝。プラハの春(チェコ)、ヴィオッティ(イタリア)などの著名な国際コンクールで上位入賞後、2005年ショパン国際コンクールセミファイナリスト。2009年スタインウェイ・ベルリン賞(ドイツ)受賞。
2013〜2016年ラフマニノフピアノソロ曲全曲奏破。2016年発売のファーストCD「ラフマニノフ:ソナタ第2番/練習曲集「音の絵」作品39」はレコード芸術特選盤。現在、尚美学園大学非常勤講師。

Coming Concert 2018

★3月17日(土)16−17時半
朝日カルチャー講座「ラフマニノフとショパン」【東京・朝日新宿カルチャーセンター】

受講料:一般4320円、会員3672円
お問合せ:03-3344-1945


★6月3日(日)PTNAステップ府中地区トークコンサート【東京都・府中市市民活動センタープラッツ・バルトホール】

★6月24日(日)PTNAステップ流山地区トークコンサート【千葉県・流山市生涯学習センター】

CD発売中

ラフマニノフ ピアノソナタ第2番/練習曲集「音の絵」作品39

★レコード芸術・特選盤に選ばれました!
★読売新聞サウンズBOX・推薦盤に選ばれました!
★音楽現代 準推薦盤に選ばれました!

全国有名CDショップ、アマゾン・タワーレコードオンライン・HMV等にて好評販売中!

TACTピアノマスタークラス   受講生募集中

東京(新桜台駅スタジオ1619)にて月1回のマスタークラスを開講中です。
【日程】月末の土日いずれか・お問合せください。
【お問い合わせ】ピティナ千代田支部
◇info@tact-fd.com
◆musicanna@kca.biglobe.ne.jp
◇http://tact-fd.com/works/assistance/piano-master-class/

calendar

<< February 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   

entry

category

archive

link

other