2019.08.16 Friday

真夏の試演会

お盆まっただ中ですが、昨日はコピスみよしで試演会を開催しました。

 

コピスみよしは練習利用で使用させていただく機会が多いのですが、お盆休みがなく営業していた希少なホールです。

大ホール&スタインウェイフルコンで、来週のピティナ全国大会に向けての子たちと、別のコンクールを控えている人のみで試演会&ワンポイントレッスンを行いました。

 

やはりEF級くらいになると長時間聴かせることの難しさ、大ホールでフルコンを鳴らすことの難しさを実感しつつ、この経験から何かを考えて感じて本番につなげてくれることを願うばかりです。私はここまでのレッスンで言うべきことはほとんど言ったと思うので、あとは本人がどう弾きたいのか、何を伝えたいのか、何を試すのか、1つのステージで100%燃え尽きることができるか、本人の意欲次第です。頑張ってください!

 

◆◆◆

 

先週末は、のだめカンタービレの音楽会ピアノ版を聴きに行きました!

ピアノは高橋多佳子先生!いつも以上に饒舌なトークをしながらソロ演奏をするという、私にとっては神業を成し遂げていました!

5月にのだめ沖縄で共演させていただいた指揮の茂木大輔さんは、ここでは素敵なオーボエの音色を披露し、プーランクのトリオも楽しめました。

 

このコンサートの客層が私には新鮮でした。普段のコンサートでは見ない若い人たち。きっと漫画やドラマのファンの方だと思います。こういったコンサートから、どんどんクラシック音楽の魅力が広まったらいいな、と思いました。

 

沖縄でもまた第3回があったらいいなぁと思います♪

 

◆◆◆

 

ところで全然夏風邪が治りません・・かれこれ10日。早く治さないと!と焦ります。

喉の痛みや痰はずっと共通してある症状ですが、日によって頭が痛かったり鼻水が出たり、夜に咳が止まらなくなったり。

夏風邪はひくものではない!と心底思います。お盆休みで近所の病院はほとんどお休みなので、治らなかったら、来週には大病院に行かなくてはいけませんね。。

 

長野からの夏野菜と冷たいデザート(超久々の手作り・下には桃を敷き詰めていますが見えない・(笑))で健康にも気をつけたいと思います。

2019.08.09 Friday

生徒の活躍

東京は熱波に見舞われていて、外に出ようとも思わない気候が続いています。今日の犬の散歩は朝5時でした。

帰国した2010年頃は、そんなに暑くなかったように思います。いったい日本のどこに住めば快適に暮らせるのでしょうか‥

 

そういうわけで家にひきこもっているのですが、夏風邪に見舞われてしまいました。病院にも行って薬を飲んでいますが、あまり良くなりません。

尚美学園大学の最後の授業と試験審査はなんとか乗り切りましたが、家でのレッスンはマスク。ちゃんと寝て食べて、エネルギーも使っていないのに、長引くのどや鼻の不調はなかなかに辛いです。

 

そんな中、今年のピティナコンペティションで生徒4人が全国大会に進出することが決まりました!

昨年は3人受けて3人全国(グランミューズJ,Y, Jr.G級)でしたが、今年は4人受けて4人全国(C, E, F級2人)。

 

ある程度実力がある子たちとはいえ、全国までの切符を手に入れるのは、そんなに容易なこととは思いません。ベストを尽くして良く頑張ったと思います。

 

全国大会になると、何回目で通過したとか何位で通過したとか、また過去の賞歴は全く関係なくなり、また先生が何言ったとかも関係なくなり、ひたすら個人の戦いだと思います。4曲弾く集中力、聴衆を惹きつけていられるかの表現力や創造力、音の良さは、日頃から何を考えて何を聴いて何を想って音楽と向き合っているか、でしか養えないものだと思うからです。

 

来週の試演会を経て本番となります。最後まで音楽と向き合ってベストを尽くせますように。

 

コンクール以外でも、夏季講習でモスクワ、ウィーンに行く子たち、9月からのアメリカ留学に備えている子もいます。それぞれに良い夏になると良いなと思っています。

 

◆◆◆

 

2年ぶり海外の行き先が決まりました!

4泊5日の短い日程ですが、ストラスブール、ナンシー、ランスで2泊、残り2泊がパリです。

パリは小5の時、人生初の海外旅行で行きました。その時は、夢の国に来たかのようで、何もかもが美しく刺激的でした。

その後、確か20代の頃に1回行きましたが、その時はあまり何も思いませんでした。私の海外旅行の目的は、人ごみ・喧噪から離れてヨーロッパの町並みに身を置くことなので、今回も2泊を地方で過ごします。そのうちストラスブール1泊は、先にパリ入りしている母・伯母・従妹を連れての旅行です。地方の世界遺産を見て、美味しいご飯を食べて、リフレッシュできたらいいな、と思っています。

 

今年の秋は、ステップのお仕事でも地方回りが多いです。

10月前橋(群馬)、11月弘前(青森)、12月宗像(福岡)。日本の地方巡りも楽しみたいと思います!

 

◆◆◆

 

しょっちゅうスマホを落とすので、ケースを買いました。

手作りサイトミンネで。

 

スマホリング付は初めてですが、スマホを立てられたりするので、次買う時もリング付が良いな、と思いました。

2019.07.25 Thursday

食べ物ばかりです

昨日は、今峰由香先生(ミュンヘン音大教授)のレッスンに生徒1人をみていただき、その付き添いで田園調布へ行きました。

 

これは高木早苗先生がオルガナイズしている「10代のレッスン会vol.3」で、今までも私の生徒に貴重な参加枠をいただいています。テンポを安定させる練習、楽譜の読み方を短時間で的確にご指導いただきました。生徒にとっては、コンクール前の良い緊張の場にもなったと思います。素晴らしい機会をありがとうございました。

 

田園調布へは車で行きましたが、素晴らしい豪邸の数々で「ここは日本ですか?!」という驚きでした。噂には聞いていましたが、ここまでとは!

 

前々からチェックしていたROZA洋菓子店も駆け足で行ってきました!

ここには開店当初から変わらないロシア模様のパッケージのチョコレートがあるのです。

ただのミルクチョコレートでなく、ジャムが入っていたりするのがロシアっぽいです。

バタークリームのケーキも買ってみました。

 

◆◆◆

 

最近は、ピアノお休み中とはいえ、レッスンは普段通りにあるので、遠出はできていません。なので食べてばかりです(苦笑)

 

地元でお祭りをやっていたので、行ってきました。小さなお祭りなのに、ホテルやお店からの出店がたくさんありました。

練馬産ブルーベリーを使った発泡酒↓

 

外の空気の中で飲むお酒はおいしい。ヨーロッパのテラス席で飲みたいなぁ。

 

その他、最近の流行りの食です↓

パン。遠くに行くほどではないのですが、新しいパン屋開拓を楽しんでいます。

 

百貨店のイートイン↓

さっと食べれてお上品なものに巡り合えます。

 

食事ではないのですが、「ウォーキングデッド」というゾンビ系?海外ドラマにはまっています。

もうシーズン9まで出ているようなので、人気の長寿ドラマですが、「プリズンブレイク」のような中毒系だと思い、本番がある時期には見ないようにしていましたが、確かに中毒になります。

なんとぅがたあむに絡むときにウーウー言っている声が、ゾンビの声に聞こえてくるほどです(笑)

単なるゾンビ系かと思いきや、人間の本質や即決力の大切さなどが「私なら」に置き換えて想像できて、面白いです。そして、そういった想像は音楽にも転化できることだから面白いです。時間のあるうちに、そろそろ本も開こうかな、と思っています。充電期を有効に使いたいです。

 

2019.07.12 Friday

まもなく休息!

7月1日の本番と翌日から審査員2日間を務めて、燃え尽き症候群になったのか?しばらく体調を崩してしまいました。

明後日14日(日)は武蔵小山ステップでトークコンサートがあり、これをもって長かったコンサートラッシュが終わります!

最後まで気を抜かずに頑張りたいと思います。

 

ちなみに、ピティナさんでこのような名刺を作っていただきました。初めて委員になったからです。

いつも名刺を忘れて歩いていますが、ピティナのお仕事の時には忘れずに持参したいと思います!

 

 

6月に発売された2枚目のCDの評が雑誌「ショパン」に掲載されました。この評を書いて下さった道下さんは、1枚目のCDの推薦文を書いて下さった方です。

 

また先日のロッキーチャレンジ賞授賞式のおおまかな様子が公式ホームページに掲載されました。さらに映像も作成中とのことです。またお知らせします。

http://rocky-challenge.main.jp/

 

◆◆◆

 

ゆっくり家で体調管理しながらも、超久しぶりにおしゃれな街に出かけたりもできました!

 

あまり歩かない青山。裏路地に、外国風の建物やブランド店が建ち並んでいます。

ヨーロッパのようなお店のテラス席で、仲良し先輩方とディナーをしました!

まろんの看病が始まって以来、全然飲んでいなかったのですが、最近ようやく飲んでも大丈夫になりました。3人でボトル2本からっぽ!

初めて飲んだイスラエルのワイン!とても美味しかったです!(ワイン通の先輩方は変わった味と言っていましたが、私にはまったくわからず。いつもただワイン専門店のオススメ赤ワインを飲んでいるだけの人ですから(笑))

 

すぐそばにbreadworksというお店があり、500円のパンセットを買ってみました。いつも味の付いたパンばかり食べていますが、久しぶりのハード系パンも美味しかったです!

 

◆◆◆

私の仕事が一段落したのと、2匹目たあむとの仲が安定してきたので、なんとぅが保育園に入園しました(笑)

嬉しそう(笑)

 

いたずらや警戒吠えは子犬特有かもしれませんが、今のうちにと思いました。週2、車で送り迎えしてます。

 

2019.07.07 Sunday

3代目わんこ

我が家に3代目わんこ「たあむ」が仲間入りしました!

(左)なんとぅ(右)たあむ

 

沖縄の人は反応したでしょうか。なんとぅ餅とタームです。

タームは「田芋」がなまった言い方で、沖縄料理やお菓子で人気の灰色のお芋。私も好きな食材です。

 

シーズー♀推定4〜5歳で里親募集していた、たあむさん。

過去は繁殖犬でした。恐らくひどい環境での繁殖犬だったと思います。歯がほとんどないのです…皮膚や外耳炎はシーズーにはつきものかもしれませんが、お腹もぶよぶよで、保護された当初はやせ細って人間を怖がったそう。外の世界を知らないので、お散歩の仕方もわからず、びびりちゃんだったのを、保護団体の預かりの方が、1カ月半かけて普通の暮らしを教えてくださり、ケアしてくださいました。人間の道具にされてしまったのも仕方ないと言えるのか、手足が長く超小顔・小柄な美人シーズーです。

 

我が家は、まろんが亡くなって以降、今度は多頭飼いをしたいと思っていました。なんとぅを平成最後の日に引き取ってからは、なんとぅの健康のための遊び相手を探すためにも、毎日里親募集サイトを見ていました。(なんとぅはうんちを出しにくい肛門狭窄のハンデがあるため、散歩・運動必須です。)

 

ただ私たちが飼いなれているシーズー♀の里親募集はあまりなく、あったとしてもシニア。なんとぅのような子犬がいる家にシニアを迎えるわけにもいかず、またトライアルがある団体さんでしか考えられなかったので、ひたすら時を待っていました。

 

たあむさんの前に、一度千葉まで別のシーズーちゃんに会いに行きました。なんとぅもその子も、全然興味を示しませんでした。里親募集している子がいるからといって、犬同士の相性も見なければいけないのが、2頭目の問題点でした。

 

たあむさんとのお見合いでは、なんとぅが好意を示し、またたあむさんもそれに応えるようなそぶりを見せてくれて、すぐにトライアルが決まりました。

 

トライアルは2週間。最初の1週間は主人が海外出張、私は本番前。ということで、超大変でした。

遊ぶそぶりを見せたたあむさんも、仏像のように固まり、なんとぅは好き好き攻撃が行き過ぎて…最初はどうなることかと思ったのですが、5日目くらいにたあむさんがなんとぅに答える急展開を見せ、今では写真のように仲良く過ごせるようになり、正式譲渡が決まりました!

 

たあむさんは、ザ・シーズー。全く手がかからず、おっとりさんです。これからは、普通に自由に暮らしていきましょう!

 

…ということで、我が家は2匹のワンコになり、にぎやかになりました。

 

犬たちについては犬専用インスタで!

https://www.instagram.com/maronevu/

 

2019.06.26 Wednesday

レコ芸・準特選盤をいただきました

2枚目のCD『ラフマニノフ:ソナタ第1番/練習曲集「音の絵」作品33』は、レコード芸術・準特選盤をいただきました!

 

amazonでの購入はこちら↓

https://www.amazon.co.jp/%E3%83%A9%E3%83%95%E3%83%9E%E3%83%8B%E3%83%8E%E3%83%95-%E3%83%94%E3%82%A2%E3%83%8E%E3%83%BB%E3%82%BD%E3%83%8A%E3%82%BF%E7%AC%AC1%E7%95%AA-%E7%B7%B4%E7%BF%92%E6%9B%B2%E9%9B%86%E3%80%8C%E9%9F%B3%E3%81%AE%E7%B5%B5%E3%80%8D%E4%BD%9C%E5%93%8133-%E5%A4%A7%E5%B6%BA%E6%9C%AA%E6%9D%A5/dp/B07R349P68/ref=sr_1_1?qid=1561505161&s=music&sr=1-1

 

レコード芸術7月号での評↓

 

濱田氏の「このピアニストからは、1曲でも多くのラフマニノフ作品を聴きたい」という言葉、とても嬉しく思いました。

デビューCD『ラフマニノフ:ソナタ第2番/練習曲集「音の絵」作品39』は特選盤でしたので、2枚目の準特選盤は劣った評価と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、1枚目の評価の理由は、日本の女性ピアニストでラフマニノフのソナタと練習曲を全曲弾く人がいるの?!という衝撃があったからかな(笑)と思います。2枚目の方は、曲としてあまり頻繁に弾かれるものではありませんが、ファンタジーを感じて、私は好きなんです。

 

月刊ピアノ7月号↓

 

多くの皆様に聴いていただきたいです。引き続きよろしくお願い致します!

 

◆◆◆

 

日常生活では、特に何も起こっていません(笑)

毎日ピアノ、犬の世話に追われ、上京してきた母の料理を食べているというだけ。

 

今日から2日間は、7月1日「ショパン管弦楽付き作品全曲演奏会」の合わせがあります。コンサートラッシュを気持ちよく終われるように、頑張ります!

2019.06.11 Tuesday

いよいよ16日はリサイタル@沖縄!

いよいよ沖縄でのリサイタルが迫ってきました。

 

6月16日(日)ロッキーチャレンジ賞授与式・トーク・記念リサイタルを含む『第1回琉大未来共創フォーラム』

15〜17時・琉球新報ホール・入場無料です。

事前に下記の連絡先にお申込みの上、お越しください。

 

琉球大学総合企画戦略部 地域連携推進課 産学連携推進係

098-895-8031

sangaku@acs.u-ryukyu.ac.jp

 

◆◆◆

 

このリサイタルと同時進行で準備しているのが、7月1日(月)豊洲シビックセンターで開催される『ショパン管弦楽付き作品全曲演奏会』です。

弦楽6重奏との合わせは、16日のリサイタル後すぐに始まります。その前にピアノ伴奏を高木早苗先生にお願いして、先週今週と耳を鳴らしています。

 

『ドン=ジョバンニ「お手をどうぞ」による変奏曲』のソロ版は16日の沖縄でも演奏しますが、超ヴィルトゥオーゾの難曲です。

担当する2曲目『クラコヴィアク』は、op.10-1, 10-8, 25-12のテクニックをすべて駆使しないと弾けないような曲で、テーマ以外はほぼずっと16分音符。

 

2月からコンサート続きで、クララ・シューマン、連弾、ショパンと新曲をたくさん抱えてきましたが、こちらがとりあえずのフィナーレです。手の疲労にも気を付けて、頑張ります。今日は「コピスみよし」でホール練を頑張りました。

 

◆◆◆

 

ほぼ10日前になりますが、新宿区民角筈ホールで試演会を開催しました。今年は5月に続き2回目です。

今回は岡山から元生徒さんが参加してくれました(写真・素敵な赤いワンピースでした!)

これからコンクール・試験シーズンです。生徒たちは良く弾けていましたが、先生方に言われたことだけでなく、自分で音楽を見つけることも、舞台で響く音に感動することも必要だな、と感じました。「落ち着いて聴けるわね」という演奏よりも、興奮させるような、何が起こるかわからない1回きりの演奏を目指してほしいです。こういう演奏は、若い年齢だからこそできる醍醐味だと思っています。

 

◆◆◆

 

7日はクララ・シューマン全曲演奏会第3回を聴きに行きました。

第1回出演の私は10〜20代の初期作品を主に担当したのですが、第3回はロマン派・ピアニストクララを存分に味わえるような華やかで情熱的な作品が並び、とても楽しく聴かせていただきました。クララの細かく記載された略歴表は永久保存版ですね!

 

ヤマハ銀座の近くにあるGINZA SIXは、オープンしてから全然行っていなかったのですが、クララ・シューマン第1回目の時にふらっと立ち寄り、私の好きなお店があることを知りました。

マーロウのプリンです!

神奈川でしか買えないと思っていましたが、銀座に進出してくれて嬉しい!

 

大容量なので、またあとで食べようと冷蔵庫にしまって、再び食べようと容器を持ったら、落としてしまいました。。。

本番前はよく食器、カップを割るのですが、プリンもあえなく吹き飛びました。。

 

銀座でコンサートの時は、必ず買って帰ろうと思います。

2019.06.07 Friday

2枚目CD発売のお知らせ

本日、2枚目のCD『ラフマニノフ:ソナタ第1番/練習曲集「音の絵」作品33』が発売になりました!

 

3年前発売の1枚目『ソナタ第2番/練習曲集「音の絵」作品39』と併せて、ラフマニノフのソナタと練習曲集は全コンプリートとなります。

昨年末、故まろんさんの壮絶な看病の中で録った想い出深いCDです。1枚目の強さとは対照的に、深い音楽を追求したのが2枚目と感じています。デザインは、収録曲でもある「ライラック」の花と空をイメージしたもので、この抽象的ものは、ラフマニノフがソナタ第1番作曲時のインスピレーションとした「ファウスト」ともつながるものがあると思っています。

 

ぜひ多くの皆様に聴いていただきたいです。

大手CD販売店の店頭にもありますが、ネットでも販売しています。

どうぞよろしくお願い致します。

 

*沖縄の皆様へ

6月16日琉球新報ホールでのロッキー賞記念リサイタル会場では、販売の予定はありません。ぜひネットショップでお買い求めいただきたくお願い致します。

 

★amazon

https://www.amazon.co.jp/%E3%83%9F%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%83%E3%82%AF-%E5%A4%A7%E5%B6%BA%E6%9C%AA%E6%9D%A5/s?rh=n%3A561956%2Cp_32%3A%E5%A4%A7%E5%B6%BA%E6%9C%AA%E6%9D%A5

 

★タワーレコード

https://tower.jp/artist/2533752/大嶺未来

 

★銀座山野楽器

https://store.shopping.yahoo.co.jp/yamano/4119041482.html?sc_i=shp_pc_search_itemlist_shsrg_img

 

*ネット検索をかけていただければ他のショップでも購入可能です。ぜひお気に入りのお店でお取り寄せください。

2019.05.31 Friday

近況

毎日、練習、なんとぅの世話、レッスンで終わり、特にブログに書くことがない日々です。

 

先週と思いますが、琉球新報に「のだめカンタービレの音楽会」演奏会後の記事が掲載されました!

もう遠い昔のことのようです(笑)

さらに、指揮の茂木大輔さんがフェイスブックに嬉しいことを書いてくださったので、ご報告です↓

 

『この人の音は本当に重く、確立していて、悲しく、夢見心地で、まさにそれこそがラフマニノフではないだろうか。 今頃になって感動が押し寄せてくるのが、真実の演奏をされる大嶺さんらしいと思います。また共演したい。あの技巧的に困難な第3楽章を、正確無比、完全な和声のバランス、冷たくさえ感じる冷静さで弾き、全ての音が聞こえてくるのには凄みさえ感じました。 ラフマニノフ全ソロ作品をすでに演奏されている大嶺さん、理解と解釈が本当に高いと感じます。』

 

「音」に関しては、本当に磨いてきました。もともと「音がキレイ」と褒められる子供でしたが、それだけではもちろんダメで、特に国際コンクールを受けるようになり、たくさんの才能あるピアニストに埋もれないよう「自分のどこをアピールすべきか」と悩みに悩み、行きついた先が「音」でした。その時までは、自分のマイナス面をどう改善するか、に目を向けていましたが、それを改善して、すべての能力が平均値になるよりも、自分の最も良い部分をより磨き、他の誰かとは違う何かを印象に残す方が良い、と考えました。それがずっと悩んでいた私の個性だと思います。

 

次の6月16日沖縄、7月1日東京のコンサートに向けて頭がいっぱいですが、そこでも良い音を伝えていきたいです。

 

◆◆◆

 

昨日は、ベルリン芸大のラピツカヤ門下の先輩、川島基さんのリサイタルに行きました。

音が何よりも美しく、ドイツの香りがしました。特に儚げなブラームスop.118では、ラピツカヤのことを思い出しました。夏だろうが冬だろうが20時に家に呼び出し、ワインを持ってレッスン(演奏を聴いている)、たばこを振り回しながら教えるラピツカヤ、演奏中にうなっている声も。ラピツカヤと同じ血を引いているなぁと感じましたが、ハンマークラヴィアは圧巻で、「いや、同じ血筋ではないかも」(笑)と思いました。

 

ラフマニノフは、いわゆる死に面した作品を残していないので、哀愁や物悲しさはあっても、達観した感じはあまりないのですが、ブラームスやショパンの後期を聴くと、久しぶりにそういう音楽にも触れたくなりました。弾いたら弾いたで、死の音楽には潰されそうになるのですが(笑)

 

◆◆◆

 

家のラベンダーが満開を迎えています!

 

昨年より豊作!別の品種のラベンダーもにょきにょき育ってて楽しみです。

 

ある日の夜ご飯。食べ物の配置は無視するように(仕事以外は基本雑なので)

トマトの上のチーズ、トルコの焼いても溶けないチーズです!ベルリンではトルコ街に住んでいたので、当たり前の食材でしたが、帰国してから見なくなり、諦めていました。先日、カルディで発見!超嬉しかったです。

手前はフランス冷凍食品店のpicardで買ったフォアグラ。この値段でこのおいしさ?!リピ確実です。この日はレモンジャムを添えてみました。

 

◆◆◆

 

なんとぅはトリミングに行き、シーズー寄りの犬になって戻ってきました。

 

ちなみに避妊手術も終えたのですが、まろんのように大人しかったのは1日だけでした。

獣医さんは2,3日食欲や元気がないかも、と言っていたのに。

私にとっては束の間の休息でした。。。

 

私と入れ違いで沖縄出張だった旦那さんに、平和通りの松原屋製菓でなんとぅを買ってきてもらいました。

6月に沖縄に行くときにもゲットしたいです。

2019.05.16 Thursday

CD先行販売のお知らせ

沖縄へ出発する直前ですが、2枚目の新作CDが到着しました!

 

5月19日(日)15時開演・沖縄コンベンションセンター劇場棟『のだめカンタービレの音楽会』で先行販売します!(一般販売は6月上旬)

終演後にはサイン会もあります!

もちろん1枚目のCDも販売しますが、数量は少なめかもしれません。アマゾン・タワーレコードなどでも引き続き販売しています。

 

https://www.amazon.co.jp/%E3%83%A9%E3%83%95%E3%83%9E%E3%83%8B%E3%83%8E%E3%83%95-%E3%83%94%E3%82%A2%E3%83%8E%E3%83%BB%E3%82%BD%E3%83%8A%E3%82%BF%E7%AC%AC2%E7%95%AA-%E7%B7%B4%E7%BF%92%E6%9B%B2%E9%9B%86%E3%80%8C%E9%9F%B3%E3%81%AE%E7%B5%B5%E3%80%8D%E4%BD%9C%E5%93%8139-%E5%A4%A7%E5%B6%BA%E6%9C%AA%E6%9D%A5/dp/B01KOHJNOM

 

よろしくお願い致します!

 

大嶺未来 Miku Omine

profilephoto
大嶺未来
沖縄県出身。東京藝術大学附属音楽高校卒業後、ワルシャワ・ショパン音楽院首席卒、ベルリン芸術大学ディプロマ課程卒、国家演奏家資格課程卒。
ルービンシュタイン記念若い音楽家のための国際コンクール(ポーランド)、サンセバスチャン国際コンクール(スペイン)で優勝。プラハの春(チェコ)、ヴィオッティ(イタリア)などの著名な国際コンクールで上位入賞後、2005年ショパン国際コンクールセミファイナリスト。2009年スタインウェイ・ベルリン賞(ドイツ)受賞。
2013〜2016年ラフマニノフピアノソロ曲全曲奏破。2016年発売のファーストCD「ラフマニノフ:ソナタ第2番/練習曲集「音の絵」作品39」はレコード芸術特選盤。現在、尚美学園大学非常勤講師。

Coming Concert 2019

★10月5日(土)ラフマニノフ全曲解説シリーズvol.3(東京)

★10月27日(日)PTNAステップトークコンサート前橋秋季地区(群馬)

★11月10日(日)PTNAステップトークコンサート弘前11月地区(青森)

★12月7日(土)PTNAステップトークコンサート宗像1地区(福岡)

CD発売中

★2019年6月7日リリース ラフマニノフ:ピアノソナタ第1番/練習曲集「音の絵」作品33

●レコード芸術準特選盤をいただきました!

★2016年リリース ラフマニノフ ピアノソナタ第2番/練習曲集「音の絵」作品39

★レコード芸術・特選盤に選ばれました!
★読売新聞サウンズBOX・推薦盤に選ばれました!
★音楽現代 準推薦盤に選ばれました!

全国有名CDショップ、アマゾン・タワーレコードオンライン・HMV等にて好評販売中!

calendar

<< August 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

entry

category

archive

link

other