2020.01.07 Tuesday

年末年始一人旅(2019)4日目タリン・教会巡り〜ランチ

旧市街の坂を上ると、お城や教会のある区域になります。琥珀やお土産のお店が増えてきます。

 

トームペア城↓現在はエストニア議会に利用されています

 

アレクサンドル・ネフスキー寺院

ロシア正教会。中は撮影禁止。イコン売り場が立派で、数々のイコンに見とれてしまいました。

そして買ってしまった「バラのマリア」

宗派は違えど、フランスで見た「バラのマリア」たちが思い出されました。

 

聖母マリア教会↓

入場料が2ユーロくらいかかりました。

カトリック系と思います↓

 

 

エストニアのピアノが置いてありました!

珍しく、祈りの席に木製のドアがついていました↓

 

再び坂を下りて、次はランチへ。お店は、Rataskaeu16 にしました。

 

ヘルシンキにいる間にレストランを色々調べると、「チャイコフスキー」という名の高級レストラン、中世料理を再現したレストラン(味はそのまま、お店の人もコスプレ)など、魅力的なお店がたくさん。

この選んだお店には、「トナカイ肉」がありました。フィンランドの名物料理でもありますが、フィンランドは挑戦するのには値段が高いように思えました。。。ヘルシンキに来て4日間、「肉」を食べていなかったので、この日はどうしても食べたかったというのもあります。

 

お店に行くと満席で、同じメニューのある別の建物のお店を電話予約してくれたので、そこへ向かいました。

古い壁そのままの素敵なお店でした↓

 

トナカイ肉とエストニアビールを注文。色々種類がある、ということで、好みの味を相談したら、こちらのビールを出してくれました↓

マダムバタフライ(笑)←「私が日本人だから??」かはわかりませんが、琥珀色のビールをワイングラスで飲むというオシャレな発想!

 

サービスの黒パン

フワフワでとても美味しかったです!

 

トナカイさん↓

どちらかというと牛肉に近いでしょうか。

野菜とマッシュドポテト、ベリーでおいしくいただきました。

 

レシートには手書きのメッセージが!

 

サービスも雰囲気も満点のお店でした。

ガイドブックに載っているからか、日本人もちらほら。誰もトナカイさんは食べていませんでした(笑)

2020.03.27 Friday

スポンサーサイト

  • -
  • -
  • -

大嶺未来 Miku Omine

profilephoto
スポンサードリンク
沖縄県出身。東京藝術大学附属音楽高校卒業後、ワルシャワ・ショパン音楽院首席卒、ベルリン芸術大学ディプロマ課程卒、国家演奏家資格課程卒。
ルービンシュタイン記念若い音楽家のための国際コンクール(ポーランド)、サンセバスチャン国際コンクール(スペイン)で優勝。プラハの春(チェコ)、ヴィオッティ(イタリア)などの著名な国際コンクールで上位入賞後、2005年ショパン国際コンクールセミファイナリスト。2009年スタインウェイ・ベルリン賞(ドイツ)受賞。
2013〜2016年ラフマニノフピアノソロ曲全曲奏破。2016年発売のファーストCD「ラフマニノフ:ソナタ第2番/練習曲集「音の絵」作品39」はレコード芸術特選盤。現在、尚美学園大学非常勤講師。

Coming Concert 2020

★5月23日(土)PTNAステップトークコンサート伊丹春季(兵庫)

CD発売中

★2019年6月7日リリース ラフマニノフ:ピアノソナタ第1番/練習曲集「音の絵」作品33

●レコード芸術準特選盤をいただきました!

★2016年リリース ラフマニノフ ピアノソナタ第2番/練習曲集「音の絵」作品39

★レコード芸術・特選盤に選ばれました!
★読売新聞サウンズBOX・推薦盤に選ばれました!
★音楽現代 準推薦盤に選ばれました!

全国有名CDショップ、アマゾン・タワーレコードオンライン・HMV等にて好評販売中!

calendar

<< March 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

entry

category

archive

link

other