2020.01.07 Tuesday

年末年始一人旅(2019)4日目タリン・市庁舎広場周辺&ショッピング&フェリー

次は旧市街の中心部へ向かいます。

 

歴史的な建物の中に、色々なお店があります↓

映画館

 

薬局

 

中世料理を再現するレストラン

 

市庁舎広場では、クリスマスマーケットがやっていました!

 

クリスマス後でもやるところがあるクリスマスマーケット。ベルリンも1カ所だけ年末までやっている場所があります。ポーランドは2月くらいまでクリスマスイルミネーションをやっています。

日本は25日を過ぎると、あっという間に「和」に戻るので、ヨーロッパのこの感覚には今でも違和感があります。

 

そこから少し行くと、デザイナーさんの集まるエリアがあります。

職人たちの中庭↓ニット、アクセサリー、陶器など色々

手作りの素敵なハンドウォーマーを買ってしまいました(オレンジ)↓

右のエストニアミトンは、この区域ではない別の編み物専門店のハンドメイド(お土産屋さんではなく、毛糸類を売っているお店)

両方とも実際に編んでいる人の顔を見て買ったので、より嬉しい買い物になりました。

 

こんな素敵なギャラリーも↓皮製品や帽子、アクセ

 

この界隈でガイドブックにも載っていた「ZIZI」というお店でリネン製品をお土産に購入↓

 

ガイドブックには載っていないSt.Catherine's Passageは、インスタでは度々登場するスポットです↓

 

 

ここを抜けると、ニット製品の屋台が並ぶマーケットがあります↓

 

旧市街の西側出入り口にはお花屋さんがずらーとならぶマーケット↓

 

そしてこの門を抜けると、ショッピングセンターなどが集まる商業エリアです↓

(奥が旧市街)

 

タリンの目的の一つは「ドレス」でした。お手頃価格で種類も多いお店を見つけていました。

いくつか試着しましたが、撃沈。セクシーすぎました(笑)

 

Tallina Kaubamaja(デパート)、つながっているViru Kerkusというショッピングセンターをウロウロして、エストニアの生活レベルは、いわゆる東欧(ポーランド・チェコなど)よりも高いだろうな、と感じました。

 

ショッピングセンター内のカフェでひと息。

アイスコーヒー!

ヘルシンキもそうでしたが、室内はコートを脱いで歩きたいくらい暑いのです。

 

このショッピングセンターでエストニアデザイナーのポップアップショップがあって、とっても素敵なドレスを発見しました!

でも少し胸が開いているなぁ‥‥

ということで、このお店をネットで調べたら、徒歩15分の場所に路面店があることがわかりました。

そのお店からフェリーのある港までは30分。フェリーのチェックインに間に合わせるためには、20分くらいしかお店にいられない。間に合うのか?足腰は持つのか?!と葛藤しながらも、思い切って行ってみることに。

 

そしたら、より体に合うドレスを発見!

思い切って買うか!と思ったところで、ハプニング。

 

なんと、最初にこのドレスを試着したショッピングセンターの試着室に、予備のお金・クレジットカードを入れたポシェットを忘れてたのです!それに気づいて、パニック!

ドレスを買っている場合ではない!

タリンの街を疾走し(ジムで足が鍛えられていたんだ、とこの日まで実感したことはなかった)、

ショッピングセンターに戻ると、

 

お金・カード、無傷でありました!!!

 

お店の方がレジにキープしていてくれました。エストニア人が良い人たちで本当に良かったです(実際、どのお店の人もシャイな感じで穏やかでした)

 

もう体が限界だったので、とぼとぼ港へ戻りました。

 

港の向かいにあるショッピングセンターNAUTICA内の大型スーパーで、お買い物。

 

↑豊富な野菜。日本より豊かに感じてしまいます。

 

フェリー内で食べるための夜ご飯↓

 

そしてやっぱりありました、ロシアのはちみつケーキ!と日本の半額以下で買えたリンツチョコ!

 

このケーキが買えたのは、とても嬉しかったです。そして甘さ控えめでとっても美味しかったです!

 

同じショッピングセンター内のお土産屋さんで、琥珀の粒が詰まったマグネット↓

 

フェリーは一番大きなMega Star号

新幹線のように座席がずらーと並んでいるエリアの、中心部に席をとりました。

大型船だからか、行きほど揺れずにホッとしました。

 

ショッピングエリアで、生徒たちのお土産も買いました

マリメッコのウニッコ柄の小物は、船内や空港など、観光客が多い場所の方がそろっていることがわかりました。

 

ヘルシンキに戻ったのは21時半。22時にはホテルに戻れました!

 

エストニアには、またゆっくり行きたいと思いました。ロシアとヨーロッパがミックスされて、だけど東欧諸国よりもEU化されていて、面白そうです。今度はバルト三国のRigaとかまで足を延ばしてみたい、とまた希望ができました!

2020.03.27 Friday

スポンサーサイト

  • -
  • -
  • -

大嶺未来 Miku Omine

profilephoto
スポンサードリンク
沖縄県出身。東京藝術大学附属音楽高校卒業後、ワルシャワ・ショパン音楽院首席卒、ベルリン芸術大学ディプロマ課程卒、国家演奏家資格課程卒。
ルービンシュタイン記念若い音楽家のための国際コンクール(ポーランド)、サンセバスチャン国際コンクール(スペイン)で優勝。プラハの春(チェコ)、ヴィオッティ(イタリア)などの著名な国際コンクールで上位入賞後、2005年ショパン国際コンクールセミファイナリスト。2009年スタインウェイ・ベルリン賞(ドイツ)受賞。
2013〜2016年ラフマニノフピアノソロ曲全曲奏破。2016年発売のファーストCD「ラフマニノフ:ソナタ第2番/練習曲集「音の絵」作品39」はレコード芸術特選盤。現在、尚美学園大学非常勤講師。

Coming Concert 2020

★5月23日(土)PTNAステップトークコンサート伊丹春季(兵庫)

CD発売中

★2019年6月7日リリース ラフマニノフ:ピアノソナタ第1番/練習曲集「音の絵」作品33

●レコード芸術準特選盤をいただきました!

★2016年リリース ラフマニノフ ピアノソナタ第2番/練習曲集「音の絵」作品39

★レコード芸術・特選盤に選ばれました!
★読売新聞サウンズBOX・推薦盤に選ばれました!
★音楽現代 準推薦盤に選ばれました!

全国有名CDショップ、アマゾン・タワーレコードオンライン・HMV等にて好評販売中!

calendar

<< March 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

entry

category

archive

link

other