2012.02.13 Monday

さよなら、ポツダム

 今日は朝7時半から学校で練習。

部屋の壁に貼られていたこの紙、コピーして生徒に配りたくなりました。



とにかく練習なのです


午後は、ポツダムへ行きました。
1年前のベルリンブログにも登場しているはずのポツダム。

私の大好きな町

ベルリン留学中、嫌なことがあったり、落ち込んだ時、何度この町に癒されにきたことでしょう。

今日はお別れのつもりで行って来ました。

ただいつものコースではつまらないので、今日はポツダム手前の駅で下車。



冒険も兼ねて、ここからトラム(路面電車)でポツダムへ向かうことに。




知らない景色を観るのも、見つけるのも、楽しいです。


そして私の良く知るポツダムへ到着。



相変わらずこじんまりした街並み。




オランダ人街でランチ。

久々にお肉をがっつり食べて栄養補給


そして、サンスーシ宮殿へ。




今日はあいにくの曇り空。
でもサンスーシはどんな時も美しいです

宮殿外を一回りした後は、2キロ以上ある広大な庭園を散歩。




庭園といっても、整備された道もあれば、こんな林もあり。




冬のサンスーシ公園は、人気もなく、本当に静か。

聞こえるのは、自分の足音と息と、鳥の声だけ。

そんな場所、そうそうありません。

そしてこのような場所にいると、本当にいろんなことと向き合えるのです。

だから私はよくこの場所に来ていたのだと思います。

将来に不安を感じ、悩みながら歩いていた日々を思い出しました。


あの時は確かに苦しかったけれど、ちゃんと向き合えたから今の自分がいるのだと思います。

また数十年後にこの道を歩きたいな、と思います。
堂々と胸を張って戻ってこれるよう、真っ直ぐに生きていきたいです。


公園を抜けて町に戻ると、WMFで掘り出し物を見つけました



この一式、一万円も安く買うことができました
こういうものにこだわりはありませんでしたが、やはり上質なものは、フォルムも軽さも持ちやすさも、絶妙に良いのです。


ポツダムへの小旅行後は、いつも身体が軽くなるような気がします。
日本でもそういう場所を見つけたいな、と思います

2020.08.01 Saturday

スポンサーサイト

  • -
  • -
  • -

大嶺未来 Miku Omine

profilephoto
スポンサードリンク
沖縄県出身。東京藝術大学附属音楽高校卒業後、ワルシャワ・ショパン音楽院首席卒、ベルリン芸術大学ディプロマ課程卒、国家演奏家資格課程卒。
ルービンシュタイン記念若い音楽家のための国際コンクール(ポーランド)、サンセバスチャン国際コンクール(スペイン)で優勝。プラハの春(チェコ)、ヴィオッティ(イタリア)などの著名な国際コンクールで上位入賞後、2005年ショパン国際コンクールセミファイナリスト。2009年スタインウェイ・ベルリン賞(ドイツ)受賞。
2013〜2016年ラフマニノフピアノソロ曲全曲奏破。2016年発売のファーストCD「ラフマニノフ:ソナタ第2番/練習曲集「音の絵」作品39」はレコード芸術特選盤。現在、尚美学園大学非常勤講師。

Coming Concert 2020

★7月26日(日)13:30-15:00 オンライン講座 「弾くためのラフマニノフ〜入門編」 ★10月31日(土)13:30-15:00 朝日カルチャーセンター新宿「ラフマニノフ・ソロ曲全曲解説シリーズvol.4 ソナタ」
(詳細は指導用オフィシャルサイトに掲載)

CD発売中

★2019年6月7日リリース ラフマニノフ:ピアノソナタ第1番/練習曲集「音の絵」作品33

●レコード芸術準特選盤をいただきました!

★2016年リリース ラフマニノフ ピアノソナタ第2番/練習曲集「音の絵」作品39

★レコード芸術・特選盤に選ばれました!
★読売新聞サウンズBOX・推薦盤に選ばれました!
★音楽現代 準推薦盤に選ばれました!

全国有名CDショップ、アマゾン・タワーレコードオンライン・HMV等にて好評販売中!

calendar

<< August 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

entry

category

archive

link

other