2016.06.27 Monday

6/25・26 G級一次審査(2016)

6月25,26日は、昭和音大内ホールで、G級一次審査がありました。

 

カメラ審査終了後に配布されたプログラム

 

 

熱戦が繰り広げられた2日間でした。

朝から晩まで熱演に触れて、若さだったり、これから自分次第で世界が開ける将来があるというのは素晴らしい、と思える2日間でもありました。

 

最近、素晴らしい生徒を育てている先生との話題でよく出る「指・耳の弱さ問題」。

コンクールばかりを受けてきて、基礎的な訓練を飛ばしている子が増えてきているそうです。

感性は育つけれど、結果的にエチュードや難曲に技術が追い付かない問題が出てきています。

特に日本人は、骨格や手・体の大きさが西欧人とは違うので、そこは考慮しなくてはいけません。

今回審査員席から指や体・手の使い方を見ていると、その意味を実感することが少しありました。

(点数には反映していません)

 

そこは私の今後の指導の勉強になったことでした。ダン・タイソンもブルーノ・リグットも「指先の感覚」を強調していました。指先をコントロールするためには、やはり指力ですよね。。

 

色々勉強させていただいた今回のG級審査。

演奏してくださった皆様、審査員の先生方、スタッフの皆様、ありがとうございました!

 

 

ピアノピアノピアノ

 

 

私が審査している間、生徒たちが各会場で予選に挑んでいました。

よく審査休憩中に、生徒たちから結果報告を受けている先生を見てきましたが、私もそうなる日が来ようとは思ってもみませんでした。

 

通過した生徒さんは、それぞれが自分と闘って出した結果なので、心から褒めてあげたいです。

これからの生徒さんも、人と競うのではなく、自分と向き合って闘って演奏できたら良いな、と思います。

2018.12.06 Thursday

スポンサーサイト

  • -
  • -
  • -

大嶺未来 Miku Omine

profilephoto
スポンサードリンク
沖縄県出身。東京藝術大学附属音楽高校卒業後、ワルシャワ・ショパン音楽院首席卒、ベルリン芸術大学ディプロマ課程卒、国家演奏家資格課程卒。
ルービンシュタイン記念若い音楽家のための国際コンクール(ポーランド)、サンセバスチャン国際コンクール(スペイン)で優勝。プラハの春(チェコ)、ヴィオッティ(イタリア)などの著名な国際コンクールで上位入賞後、2005年ショパン国際コンクールセミファイナリスト。2009年スタインウェイ・ベルリン賞(ドイツ)受賞。
2013〜2016年ラフマニノフピアノソロ曲全曲奏破。2016年発売のファーストCD「ラフマニノフ:ソナタ第2番/練習曲集「音の絵」作品39」はレコード芸術特選盤。現在、尚美学園大学非常勤講師。

Coming Concert 2018/2019

★12月4日(火)トレモロ会リサイタル【東京都・カワイ表参道】

<チケット>全席2500円
<要予約>03-3750-5751



★2月10日(日)PTNAステップ丹波地区トークコンサート【兵庫県・ライフピアいちじま大ホール】

★3月10日(日)PTNAステップ倉吉春季地区トークコンサート【鳥取県・倉吉未来中心小ホール】

★3月28日(木)クララ・シューマン全曲コンサートシリーズ第1夜【東京都・ヤマハ銀座コンサートサロン】

<チケット>一般3500円/会員3000円/学生2500円
<要予約>03-3572-3132

★4月6日(土)ラフマニノフ・ピアノ作品全曲解説シリーズvol.2【東京都・朝日カルチャー新宿】

CD発売中

ラフマニノフ ピアノソナタ第2番/練習曲集「音の絵」作品39

★レコード芸術・特選盤に選ばれました!
★読売新聞サウンズBOX・推薦盤に選ばれました!
★音楽現代 準推薦盤に選ばれました!

全国有名CDショップ、アマゾン・タワーレコードオンライン・HMV等にて好評販売中!

calendar

<< December 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

entry

category

archive

link

other