2018.06.22 Friday

昔の私

今週は2日連続で、某ホールのピアノ弾きこみに行きました。

 

このような素晴らしい機会をくださったT先生に、感謝申し上げます!!

 

今後のスケジューリングや指導で頭がパンパンになり、なかなか体が練習について行かないこの頃でしたが、このホール練習を機に、体も目覚めたようです!

 

今後は演奏活動も活発になる予定で、9月(神奈川)・11月(新潟)でトークコンサート、12月4日(火)(東京・カワイ表参道)はトレモロ会主催リサイタルがあります。来年3月にも東京でコンサートがあり、沖縄でも数回演奏機会がありそうです。

ラフマニノフCD第2弾のレコーディングも入りました!

詳細出ましたら、お知らせします♪

 

◆◆◆

 

母が数年前に大量に送ってきた謎のビデオテープを、DVDにダビングしました。

そしたら、昔の懐かし映像が、たくさん出てきました!

 

エレクトーンフェスティバル関西大会(小3)今もですが…コブタちゃんでした。

 

私は小4までエレクトーン奏者だったのです。この年、初めて沖縄でグランプリをいただき、沖縄代表として関西大会に出場しました(全年齢合わせて一人しか関西に行けない狭い枠です)。演奏した曲は、当時のスターだったエレクトーン奏者のオリジナル曲で、すべて聴音をして楽譜に直して演奏しました。

 

翌年は、ビゼーの交響曲第1番第4楽章を、スコア譜からエレクトーンにアレンジしての出場で、沖縄県出身者初の全国大会出場を果たしました。今思うと驚異的ですよね‥10歳そこそこが、ハ音記号も含めて全パートを読んで、まとめたんですから。

 

若い頃は、もう少し早くにピアノに転向できていれば、より良い未来があったのではないか、とも考えたのですが、今はこの経験があってこそ、と思います。

 

ピティナD級全国大会(小6)

 

エレクトーン時代の派手衣装がトラウマになり、全国大会でもワンピースで弾くツワモノになっていました(笑)

自分で言うのもなんですが客観的に、才能があるな〜と思いました。骨格の立派さもさることながら、左手から作り上げるサウンドが際立っていて、細かい表現は全くないシンプルな演奏ですが、今につながる長い息は持っていました。

 

その次は、18歳のルービンシュタインコンペの映像。表彰式には、ピティナの故福田靖子さんの姿も映っていて、なつかしく想いました。その年の沖縄、ポーランドでのリサイタル映像、2002年チリのコンクールのファイナル映像(ベートーヴェン皇帝)も懐かしかったです。

 

あまりに昔過ぎて、今の自分とつなげられないのですが、まさに私の歴史でした。

 

◆◆◆

 

練馬でポーランドのハンドクリームを見つけました!

匂いがポーランドっぽくて買いました。ただ匂いがきつすぎてバスでは酔ってしまいました‥

右はイタリア製の石鹸。最近、ラベンダーと書かれていたら、紫だったら、なんでも買いたくなります。。

 

週末に満開になりそうなハーブの花たちです(週末はステップなので満開は見れないかも…)

ペパーミント

 

チャイブ

 

花は栄養を持っていくので、成長のためには摘まないといけないのですが、もったいなくてどうしても摘めません‥

2018.06.17 Sunday

Jr.G級マスタークラス1日目

6月16日(土)は、桐朋学園大学で開催されたJr.G級マスタークラスの聴講に行きました。

 

 

中1〜高1の若きピアニストが、ヤン・イラチェク・フォン・アルニム先生と古屋晋一先生からレッスンを受けられる贅沢な2日間です。私は初日のみ聴講しました。自分の生徒が、他の先生のもとでどのようなアドバイスをもらうか、本人がどのような反応をするか、色々勉強になります。また他の若きピアニストたちの演奏やレッスンからも得られるものが多かったです。一番の収穫はメシアンでした。メシアン夫人と交流があるアルニム先生のメシアンの解釈を聞くと、メシアンに苦手意識を持っていた私の概念も覆され、実は自分の得意な分野ではないか、と思わされました。

レッスンを受けることはもとより、ピアニスト同士の交流も刺激になるように思いました。私も8月の全国大会が楽しみになりました!

 

また昨年、音楽英語表現で講師に来ていただいた千田直子さんが、素晴らしい通訳をされていました。先生とほぼ同時通訳‥本当にすごいです。今年も秋に千田さんを講師に招き、新たに中学生対象と高校・大学生対象の2日間のワークショップを企画中です。中学生のうちから、国際的なメンタリティーやチャレンジ精神を養ってほしい、そういう思いが伝わるような企画にしたいです。

 

新しい桐朋校舎の近くに、素敵なお寺がありました!束の間の静寂を味わえました。

 

◆◆◆

 

来週末のステップ流山地区トークコンサートのお知らせです!

 

2回のトークコンサートで、ラフマニノフのサロン小品集op.10を全部弾きます。

ラフマニノフ作品の中でも聞きやすい小品なので、お楽しみいただければ幸いです。

 

◆◆◆

 

趣味のハーブ園芸です↓

レモンバームに花が咲きました!うどん粉病にかかり、葉も大きくならず、生育不良かと思ったのですが、安定してきました。庭いっぱいに、豪快にハーブを育てている方のインスタをフォローしていて、憧れています。そうなれるまでに何年かかるでしょうか…

 

ハーブのサシェを作りました。ワインを飲みながら袋を縫ったので、色々と荒いのですが、写真ではバレません(笑)

中身は、重層、オレンジピール、クローブ、収穫したレモンタイム。まろんさんはおいしそうな匂いにつられ、袋に噛みついていました。。レモンタイムは収穫後に枯れてしまいましたが、匂いが好みなので、再挑戦します!

 

長野から届いたルバーブ(緑多め)をジャムにしました↓

ヨーロッパで食べたことがある味だ!と思いました。ハード系パンに合わせると美味しいです。

 

スケジュールがカオスなこの頃ですが、法事で北海道に行く時の、ドライブ旅を計画することが、今一番のリラックスです!

 

2018.06.11 Monday

6/9・10 ピティナコンペティション特級一次1地区審査

今年の審査は、6月9・10日仙川フィックスホールで開催された、ピティナピアノコンペティション特級一次1地区からスタートしました。

 

審査終了後にいただいたプログラム

 

特級一次1地区は時間的に余裕があり、カットなしで20~25分の熱演が続きました。

カットがないということは、自分が提出したプログラムを全部弾ける・自分の実力を存分に魅せれる反面、その時間中、聴衆を惹きつけていられるか、が課題になります。ほとんどの人が崩れることなく弾ききったことは素晴らしかった点ですが、それが魅力的だったか否かは、人それぞれでした。技術的には、フォルテはもちろん、弱音への意識が欲しい印象でした。音楽的には、何を持って音楽的なのか、を考える必要があるように思いました。特級世代=国際コンクールど真ん中世代なので、どうしても厳しく考えてしまいます。。

 

今回は自分自身でも点数の付け方を大きく改革したり、特級世代で浮き彫りになる課題から、小中学生の指導をどうするか、という点も考え、私自身も勉強になりました。

 

◆◆◆

 

審査集合時間よりもだいぶ前に到着してしまったので、ずっと行きたかった猿田彦珈琲に寄ってみました。

 

 

2日目は雨だったものの、台風や大雨にぶつからずに終わって、本当に良かったです!

2018.06.11 Monday

6/6 尚美学園大学教員コンサート・終了報告

6月6日(水)は尚美学園大学パストラルホールで、ピアノ科教員による教育研究演奏会が開催されました。

 

 

私は横井玲子先生と、ラフマニノフ:ピアノ連弾のための6つの小品より、舟歌・ワルツ・栄光の3曲を演奏しました。

 

ラフマニノフの2台ピアノは経験があるものの、連弾は初でした。技術的な華やかさはPrimoに集中しているものの、Primoがソロの間にもSecondはペダルを踏まないといけなかったりで、地味な難しさもあります。

 

ですが、大きなホールでのラフマニノフは、やはり気持ちが良いものです!

 

副科の生徒にも「すごかったです!惚れました!」と言ってもらえました。

 

構想はあるのですが…連弾・2台ピアノのリサイタルも実現させたいです!

 

お聴きいただいた皆様、ありがとうございました♪

 

大嶺未来 Miku Omine

profilephoto
大嶺未来
沖縄県出身。東京藝術大学附属音楽高校卒業後、ワルシャワ・ショパン音楽院首席卒、ベルリン芸術大学ディプロマ課程卒、国家演奏家資格課程卒。
ルービンシュタイン記念若い音楽家のための国際コンクール(ポーランド)、サンセバスチャン国際コンクール(スペイン)で優勝。プラハの春(チェコ)、ヴィオッティ(イタリア)などの著名な国際コンクールで上位入賞後、2005年ショパン国際コンクールセミファイナリスト。2009年スタインウェイ・ベルリン賞(ドイツ)受賞。
2013〜2016年ラフマニノフピアノソロ曲全曲奏破。2016年発売のファーストCD「ラフマニノフ:ソナタ第2番/練習曲集「音の絵」作品39」はレコード芸術特選盤。現在、尚美学園大学非常勤講師。

Coming Concert 2018

★9月15日(土)16:00〜17:30
ラフマニノフ・ソロ作品全曲解説シリーズvol.1【東京都・朝日カルチャー新宿】

<受講料>会員3456円・一般4104円
<要予約>03-3344-1945



★9月23日(日)PTNAステップ湘南9月トークコンサート【神奈川県・藤沢市民会館】

★11月11日(日)PTNAステップ新潟秋季地区トークコンサート【新潟県・新潟青陵大学・青陵大学短期大学部青陵ホール】

★12月4日(火)トレモロ会リサイタル【東京都・カワイ表参道】

CD発売中

ラフマニノフ ピアノソナタ第2番/練習曲集「音の絵」作品39

★レコード芸術・特選盤に選ばれました!
★読売新聞サウンズBOX・推薦盤に選ばれました!
★音楽現代 準推薦盤に選ばれました!

全国有名CDショップ、アマゾン・タワーレコードオンライン・HMV等にて好評販売中!

TACTピアノマスタークラス   受講生募集中

東京(新桜台駅スタジオ1619)にて月1回のマスタークラスを開講中です。
【日程】月末の土日いずれか・お問合せください。
【お問い合わせ】ピティナ千代田支部
◇info@tact-fd.com
◆musicanna@kca.biglobe.ne.jp
◇http://tact-fd.com/works/assistance/piano-master-class/

calendar

<< July 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

entry

category

archive

link

other