2010.09.09 Thursday

宮古島・散策

リサイタル翌日は空き時間を利用して、宮古島観光をしてきました

台風後で大雨が予想されていたのにもかかわらず、晴れ間もあり、キレイな宮古の海に癒されてきました


宮古島観光の移動手段は、もちろんレンタカー
運転手は、オペラ愛島の名呉さん、助手席にはぼーっと座った私でドライブ。
ナビに地名を入れてもなかなか出てこないので、国道をずっと走り続け、一体小さな宮古島を何周したことか・・・・


以下、宮古島の観光名所です↓



池間大橋。
宮古島−池間島を結ぶ1,425mの橋。




池間島灯台。




前浜ビーチ。
地元の人おススメのビーチは、本当に美しかった
白い砂浜もエメラルドグリーンの海も、最高!



名呉さんは、仕事靴ハイヒールを脱いで裸足で浜辺を満喫




来間島の竜宮城展望台から。

透き通った海がどこまでも続きます。




うえのドイツ村。

本物のドイツに住んでいた私としては・・・・
ノーコメント。




お昼は宮古そば。
沖縄そばより、ストレートな麺なのが特徴。




東平安名崎(ひがしへんなざき)の灯台。

登ることができます。




登ったら、そこは壮大な東シナ海と太平洋の景色。
日本の都市公園100選や国の史跡名勝天然記念物にも指定されています



宮古島は、海とサトウキビの島。芸能人が多く来客するらしいですが、確かに、これだけ美しい海は、本島ではもう見受けられないかも。

宮古島の良さが伝わったでしょうか??

次は、宮古島の人気キャラクター発見編

2010.09.09 Thursday

9月4日オールショパンリサイタルin 宮古・報告

 台風9号のさなか、9月4日に宮古島でオールショパンリサイタルがありました。

小型台風とはいえ、飛行機が飛ぶのか、お客さんは来てくれるのか、ハラハラしました。


でも、大雨の中、たくさんのお客様が来てくれました。
石垣島から飛行機に乗って来てくれた方、尚美の生徒のお母様など、嬉しい来客もありました




響和楽器2階ホールです
ピアノはよく音の出るヤマハ・フルコンです。



照明も凝っていて、前半は青緑色、後半は真っ赤でした。

真っ赤なライトの中で弾くショパン:24の前奏曲は、新鮮でした

私はそれぞれの曲に色のイメージがあったりするのですが、24の前奏曲を「赤」と思ったことはないので、他人に与えられた「赤」の世界の中で弾くのは面白かったです。




宮古島の音楽教室一同さまから、大きな花束をいただきました




夜は、宮古島っぽい居酒屋で打ち上げがありました
オリオンビール大ジョッキ280円!安いっ

響和楽器の皆さん、調律師さん、私のマネージャー的存在で宮古まで同行してくれたオペラ愛島の名呉さん(私の右隣)と

なぜか、みんな私の後ろに整列してしまいました


宮古島でリサイタルさせていただくのは、昨年に引き続き2回目ですが、宮古島は私のピアノ人生の原点でもある場所。

全国規模のコンクールを受けに行こうと決めて、PTNA予選に挑んだ小6の頃は、沖縄予選は宮古島の平良市にしかなく、今はピアノも弾かぬ妹と二人で宮古島に飛んだのでした
(そのあと、鹿児島本選、全国大会へ)

あの時の私を覚えててくれる宮古島の先生方もたくさんいて、ありがたいものです。

またいつか弾きに行けたらな、と思います

ご来場くださった皆様、主催のオペラ愛島さま、響和楽器さま、ありがとうございました

2010.09.08 Wednesday

KYUNA exhibition・お知らせ

 沖縄滞在中、KYUNAというアーティストグループのexhibitionを見に行きました。

KYUNAは、私の知人の娘さんが所属しているのですが、沖縄首里高校染織デザイン科の卒業生アーティストグループです。

場所は、宜野湾にあるart space+cafe,
COTONOHA



 家具も音楽もとてもオシャレ。夜はとても良い雰囲気なんだそうです。
辛口ジンジャーエールがおススメ


店内の四方八方に4人の作品が展示されています。






小池沙弥花さん−染色作家

(上)発電の庭
(下)自家発電の女

シルクの上に色をのせているそうで、近くで見るとガラスみたいに透明感があります。





新垣尚香さん−写真家

「宇宙の華」

写真ではうまく撮れませんでしたが・・暗転に咲く光の華が美しいです。




梶原春乃さん−Artist

「夏虫の一生」(連作7点)

7連作中の1枚。興味深い作品でした。
ボールペンタッチの画に浮き上がる女性が妖精のように、また儚く見えました。





新垣優香さん−紅型作家

「Coralsea」

色鮮やかな紅型。現代的でありながら上品で、ぱっとあたりが華やかになる作品でした。



これらは展示作品の一部です。

全然分野は違いますが、同じ芸術であるのには間違いなし。
良いインスピレーションを得ました


興味がある方は、ぜひ見に行ってくださいね。
9月12日(日)までの展示です!

2010.09.08 Wednesday

帰京しました

 東京に帰ってきました
蝉も減ったし、木々の緑も若干色あせてきたものの、まだまだ暑いです


沖縄では、3つのコンサート&7人の生徒を教えて、休みのないまま東京に戻ってきたのですが、昨日は、帰京直後から濃い一日となりました。


夕方は、パリの留学生友達とお茶。
コンクールで出会った友人ですが、過ごした時間は少ないのに、色々な話ができる不思議な関係です

夜は、ドバイヨン先生(Pf)+堀米ゆず子さん(Vn)のコンサートを聴きに東京文化会館へ。

なんと900円という超格安コンサート

なのに音楽はと〜っても素晴らしく、二人の息のあった演奏に惚れぼれ
ドバイヨン先生は、私が勉強していたベルリン芸大の大先生ですが、演奏を聴いたのは初めて。それだけに、とても感慨深かったです

そして、コンサート後は最近の定例、ベルリン会 

色々な話ができて、楽しかったです!


いよいよ、3週連続コンサートも、9月12日(日)で最後になります。
生徒やベルリン友達も来るので、なおさらトークの緊張度があがります。
今から構成を練らなければ。。。

お時間がある方は、ぜひヤマハ池袋店へご来場ください

大嶺未来 Miku Omine

profilephoto
大嶺未来
沖縄県出身。東京藝術大学附属音楽高校卒業後、ワルシャワ・ショパン音楽院首席卒、ベルリン芸術大学ディプロマ課程卒、国家演奏家資格課程卒。
ルービンシュタイン記念若い音楽家のための国際コンクール(ポーランド)、サンセバスチャン国際コンクール(スペイン)で優勝。プラハの春(チェコ)、ヴィオッティ(イタリア)などの著名な国際コンクールで上位入賞後、2005年ショパン国際コンクールセミファイナリスト。2009年スタインウェイ・ベルリン賞(ドイツ)受賞。
2013〜2016年ラフマニノフピアノソロ曲全曲奏破。2016年発売のファーストCD「ラフマニノフ:ソナタ第2番/練習曲集「音の絵」作品39」はレコード芸術特選盤。現在、尚美学園大学非常勤講師。

Coming Concert 2018

★9月15日(土)16:00〜17:30
ラフマニノフ・ソロ作品全曲解説シリーズvol.1【東京都・朝日カルチャー新宿】

<受講料>会員3456円・一般4104円
<要予約>03-3344-1945



★9月23日(日)PTNAステップ湘南9月トークコンサート【神奈川県・藤沢市民会館】

★11月11日(日)PTNAステップ新潟秋季地区トークコンサート【新潟県・新潟青陵大学・青陵大学短期大学部青陵ホール】

★12月4日(火)トレモロ会リサイタル【東京都・カワイ表参道】

CD発売中

ラフマニノフ ピアノソナタ第2番/練習曲集「音の絵」作品39

★レコード芸術・特選盤に選ばれました!
★読売新聞サウンズBOX・推薦盤に選ばれました!
★音楽現代 準推薦盤に選ばれました!

全国有名CDショップ、アマゾン・タワーレコードオンライン・HMV等にて好評販売中!

TACTピアノマスタークラス   受講生募集中

東京(新桜台駅スタジオ1619)にて月1回のマスタークラスを開講中です。
【日程】月末の土日いずれか・お問合せください。
【お問い合わせ】ピティナ千代田支部
◇info@tact-fd.com
◆musicanna@kca.biglobe.ne.jp
◇http://tact-fd.com/works/assistance/piano-master-class/

calendar

<< July 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

entry

category

archive

link

other